私の二の腕痩せ作戦について

私の二の腕痩せ作戦について

私の悩みは二の腕が太いということです。
自分でも二の腕が太いと感じていましたが、二の腕が太っている事が本当に動かしようの無い事実であると判明したのは、オムロンの体重体組成計を買ってからです。
このオムロンの体重体組成計では、体の部分部分の脂肪率や筋肉をはかることができます。
そして、年齢や女性であることをインプットすれば、同じ歳の女性の平均と比べて、自分の脂肪や筋肉量が多いのか少ないのかも教えてくれます。
それによると、私の腕は同じ歳の女性よりも、脂肪がやや多いとでました。
そこで、二の腕痩せを実現するべく、いろいろな方法を試しています。
まず、なんといっても、全体的に体重を落とすことができれば、二の腕も一緒に細くなるはずなので、ダイエットをすることにしました。
方法は6時までに夕飯を終らせ、それ以降は水やお茶以外は口にしない作戦です。
これで体重が落ちれば自然と二の腕痩せにもつながるはずです。
そして、それだけではなかなか効果がないので、スロー腕立て伏せをすることにしました。
普通の腕立て伏せではなく、ひざをついて普通の腕立て伏せのような格好になり、ひざを地面につけたまま、腕立て伏せの要領で、腕を曲げていきます。ninoude_2
腕を曲げる時はゆっくりと呼吸を吐きながら、そして、ものすごくスローなスピードでやります。
次に、腕をまた伸ばすのですが、ひじを伸ばしきらないのがポイントで、この伸ばしきらないところで腕を止め、またそこから、腕をゆっくり曲げていくというスロー腕立て伏せをします。
このスロー腕立て伏せでひじを伸ばしきらないことで、脳がずっとひじを伸ばしていないと感じ、本当は楽な腕立て伏せなのに、きつい筋トレだと錯覚すると本で読んだのです。
ダイエットと、このスロー腕立て伏せで二の腕痩せを実現させる予定です。