高校生が通えるダイエットエステはある?注意点やおすすめサロンをご紹介

高校生が通えるダイエットエステはある?注意点やおすすめサロンをご紹介

体型に悩む高校生は多く、どのようなダイエットがいいか調べてもなかなか良い方法が見つからないということも良くあります。
実際に試しても効果を感じられないため、より良いダイエットを求めてダイエットエステが選択肢に入るのは自然なことです。
実は高校生でもダイエットエステを受けられるサロンは存在し、手ごろな価格ではじめられるケースも増えているのです。

高校生でもエステでダイエットコースは受けられる?

ダイエットエステは大人のものだと思われがちですが、実際は高校生でも受けることができます。
注意したいのは、高校生への施術を行ってくれるエステと、高校生の施術を行っていないエステがあるということです。
ダイエットエステは痩せるために通うものですが、無理に痩せようとすると体に負担がかかります。
未成年はまだ体が成長を続けていることが多いため、負担の影響が思わぬ場所に及んでしまう可能性もあります。
何か問題があった時に対処できないリスクを考え、受付自体をしていないエステもあるのです。
しかし、高校生は心が大人に近づく年齢であり、しっかりと同意と理解が得られれば施術を受けられるケースもあります。
大切なのは事前に施術を受けられるダイエットエステを調べた上で、リスクなども理解して施術を受けることなのです。

高校生がエステにいくのに親の同意はいる?

エステサロンは18歳以上を対象に施術をしていることが多く、高校生の施術まで行うサロンは少なくなっています。
また、トラブルに備えて親の同意をえることも重要で、ダイエットエステに通う上で最初のハードルになることもあるのです。

親の同意は必要

ダイエットエステには親の同意が必要で、親の同意が得られなければお金があっても施術が受けられない場合があります。
親の同意が得られなければ、支払いのトラブルや施術中のトラブルに本人が対処できなかった場合にどうするかという問題が浮上します。
事前の同意がなければ、料金の請求が詐欺などと疑われてしまうケースも出てくるなど、サロン側のリスクが大きくなってしまうのです。
強引な勧誘をしたと疑われるのはエステサロン側も望んでいないため、最初に親の同意をえることが必要になるのです。

同意書だけでなく、親の同伴が必要なこともある

ダイエットエステの施術を受ける場合は、同意書だけでなく親の同伴が必要になるケースもあります。
これは同意書だけであれば自分の友人などに書いてもらってもわからないことがあるためです。
トラブルを避けるために慎重になるエステも多く、電話確認や親同伴の上での確認を行うなど、エステごとに異なる基準を設けているのです。
契約上の確認などが必要になることもあるため、不安がある場合は親の同伴が必要なエステを選ぶ、負担をかけたくない場合は電話などで同意の確認が行えるエステを選ぶなど、工夫をするのがおすすめです。

高校生のエステダイエットに学割は使える?

高校生のエステダイエットには学割が適用されるケースがあります。ダイエットエステ大手の『ミスパリ』の場合は50%の学割が受けられるなど、非常に高い割引率を設定しているサロンもあります。
割引率はエステサロンによって違うものの、学割が使えるのは大きなメリットです。高校生など若い女性にダイエットエステに親しんでもらい、顧客を確保しようというサロンも増えているのです。

高校生がエステでダイエットする際の注意点

高校生がエステでダイエットをする場合は、普段の食生活などの見直しも含めて事前の調整が必要になる場合があります。
無理な食事制限などをして体力が落ち込んでいる場合に施術を受けると健康上の問題が発生するリスクが高まります。
安定して施術を受けるためには、しっかりと睡眠をとることや、食事に気を使うことが重要になるのです。
また、エステサロンでは他の様々なオプションを勧められる場合があります。
有料のオプションは多く、勧められるままに受けてしまうと費用が高くなる原因となります。
体験コースが終わってから本格的なコースを受けないかと勧誘されることも多く、不要な場合はしっかりと断ることも大切になってきます。

勧誘に弱いなら一人で行かない

ダイエットエステには様々な誘惑があります。
少しでも痩せたい、キレイになりたいと思う女性は多く、それにこたえるための様々な施術やオプションを用意しているのがエステです。
そのぶん勧誘も増えがちで、勧誘に弱い人ほど支払いが増えるリスクが高まるのです。
大手エステサロンは勧誘に対する基準があり、しつこい勧誘は行わないように徹底を教育しているケースがほとんどです。
それでも一声かける、お勧めのエステコースを紹介するなど基本的なことは行われるため、勧誘に弱いのであれば一人で行かないようにするなど、自衛の意識も重要になってくるのです。

エステのメニューによっては受けられないものもある

ダイエットエステには様々なメニューがありますが、学生の場合は受けられないコースが増えてしまう場合があります。
体質などの事情で大人であっても受けられないコースが発生することもありますが、未成年の場合は成長に悪影響を与えないように様々な考慮が必要になるためです。
選択できないダイエットエステコースにはそれなりの理由が伴うことになります。
無理に受けられるサロンを探しても徒労に終わる可能性が高く、仮に受けられてもリスクが生じます。
プロの判断に従い、自分の選択できるコースでダイエットを目指すことが重要になります。

金銭的な考慮をする

ダイエットエステは料金が高額になることが珍しくなく、金銭的な負担をしっかりと考慮することが必要になります。
学割が効いても万単位の請求が発生することも珍しくないため、事前に費用を確認した上で受けるようにしなければ後々苦労することになります。
自分のアルバイト代やお小遣いでまかなえるのか、親の同意を得てカードなどを使える場合はどのくらいまで使って良いのか事前に確認しておくことも重要です。
体験メニューなどで安く受けられる場合は、オプション追加でオプション料金の方が高くなるということもありえるため、金銭面の負担はしっかりと考慮する必要があります。

高校生におすすめのエステサロン

高校生も通えるダイエットエステは増えていますが、大手サロンを選ぶのがもっとも確実で安全です。
学割の割引率が高いダイエットエステも多いため、エステ選びの基準にも使いやすくなっています。

ミスパリ

ミスパリは1982年設立のエステサロングループです。
1984年からダイエットエステのサロンを展開していて、全国各地に店舗があるのが強みになっています。
海外展開も行っていて、信頼性の高さや技術の高さに定評があります。
学割の割引率が50%と非常に高く、ダイエットエステ入門にも向いています。
ミスパリで高校生が施術を受ける場合は親の同意書が必要になります。
紙にエステでダイエットエステを受けることを明記し、親に署名、捺印してもらうのが基本になります。
不安がある場合はお店に実際に問い合わせるのがおすすめです。

たかの友梨

たかの友梨ビューティークリニックは全国に100店舗以上の直営店を持つ大手エステサロンです。
ネイルコースやストーンスパコースを提供している店舗もあり、選択肢の多さも魅力になっています。
技術の高さでも有名で、高品質なエステを求める人に選ばれる傾向があります。
高校生がたかの友梨でダイエットエステを受ける場合は初回の保護者同伴が必要になります。
まずは保護者の同意を得た上で予約を行い、体験コースなどから始めるのが一般的です。
保護者と一緒にサロンに行けるよう調整が必要になりますが、勧誘を防ぎやすいなどメリットもあります。

ル・ソニア

ル・ソニアでは遺伝子検査を行うことも可能で、ダイエットエステをより効率的にすすめるためのサービスが多いのが特徴になっています。
遺伝子検査を行うことでどのような食事をすると太りやすくなるか、痩せやすくなるかなど自分の体のことをより詳しく知ることができるのです。
月額制のエステコースでダイエットエステを選択することができるのも特色のひとつです。
月額制は脱毛だけというサロンが多く、ダイエットエステを選択できるサロンは少ないのです。
ル・ソニアで高校生がダイエットエステを受ける場合は、初回に保護者同伴でサロンに行く必要があります。そのため、エステを受けるハードルは若干高くなります。

TBC

TBCはハンドシェイプに力を入れているダイエットエステです。
全国に支店があり、5000円で受けられる体験コースの安さや、ネットを使った簡単予約で人気になっています。
TBCグループであればサロンを変えるのも簡単で、予約が取りやすいサロンを選んで施術を受けるといった柔軟な利用法も可能になっています。
TBCでは高校生や高専生向けのページを用意していて、保護者に書いてもらうための承諾書を印刷できるようになっています。
家にプリンターがない場合は便箋などに必要事項を写して記入する必要があります。
同意書だけでなく、保護者への確認の電話が必要になるのもポイントです。
サロンにいる場合は家や保護者の携帯電話に連絡がつながる状態で行かなければ、同意の確認ができない形になります。
保護者同伴よりはハードルが低いものの、しっかりと親と話し合っておく必要があります。

保護者の同意を得られるかがどうかが鍵に

高校生がダイエットエステに通うためには保護者の同意が必要で、同意がなければ話が進まなくないことがほとんどになります。
金銭面の負担も含めて親に相談することは重要で、サロンと親の両方の信頼をえることが必須となっているのです。