スクワットはダイエットにピッタリな運動です

スクワットはダイエットにピッタリな運動です

あなたはどんなダイエット方法に挑戦していますか?

s5
ダイエットと言えば、ジョギング・ウォーキング・水泳・筋トレ・食事制限…たくさんありますよね。
運動によるダイエット法、食事によるダイエット法、日常生活の改善により効果を期待するダイエット法など本当にいろんなダイエット法があります。
ダイエットに一番効果的なのは、有酸素運動を取り入れることです。
その有酸素運動をより効果的にするために、ここでは、スクワットによる基礎代謝アップダイエット方法をご紹介します。

筋トレの中でも効果的なスクワット

ダイエットの近道は、カロリー制限ではなく、基礎代謝を上げ、脂肪燃焼しやすい身体を作ることです。
代謝を上げるには筋肉量を増やすこと、というのはもう常識ですよね。
ですが、筋トレと聞くと腹筋を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、太ももを鍛えられるスクワットの方が効果的なのです。

スクワットというと、地味でキツいというイメージで気が進まないって思っていませんか?
地味でキツいということは、短時間で多くの運動量を使えるお得なトレーニングだとも言えますよね。
さらに、筋肉が多く集まっているのは太ももです。しかもサイズの大きい筋肉が多いのです。そこを鍛えるのだから効果的でないはずがありませんよね。

その上、スクワットは下半身だけでなく腹筋や背筋、体幹も鍛えられるトレーニングなのです。
体幹が鍛えられると、自分の筋力で本来あるべきポジションに骨を戻そうとします。姿勢が良くなり、腰痛や肩こり改善も期待できるのです。

逆を言えば、体幹を意識せずに脚の曲げ伸ばしだけを頑張ってしまうと、腰に負担がかかり腰痛になるなど、不調を引き起こしかねません。
せっかく頑張るからには、正しいやり方で効果的なダイエットを行いましょう。

スクワットの正しいやり方

まずは基本姿勢です。
足は肩幅くらいに開きます。手は頭の後ろで組むか、前に伸ばします。
そのまま股関節を意識しながら、お尻が地面と平行になるようにゆっくりと、下げて行きます。
この時、肩甲骨はしっかりと寄せ、胸を張り、下腹に力を入れましょう。
背中は丸まらずに軽くアーチを描いているはずです。顔は前を向いています。
こうすることで腰痛予防にもなります。お尻を後ろに引くイメージをすると行いやすいです。

お尻が地面と平行になったら3秒キープ。
今度はお尻を上げて行きます。
足を伸ばしきってしまうと負荷が逃げてしまうので、伸ばしきらずに繰り返し行うことがオススメです。

何回やると効果的?どのくらいで効果が出てくる?

スクワットダイエットでオススメの回数は1日50回です。試しに1回だけでもやってみた方はお分かりでしょうが、50回は結構キツいです。
1度にまとめて行わず、例えば3セットに分けても大丈夫です。

また、毎日よりも2〜3日間隔を開けて行う方がオススメです。毎日だと筋肉がつきすぎたり、無理をして怪我をしてしまうかもしれません。
個人差はありますが、早い人なら1〜2週間で効果を感じ始めるでしょう。

スクワットだけだとカロリー消費は難しい!?

スクワットは無酸素運動です。スクワットを100回必死でやりきっても、消費カロリーはぜいぜいジョギング5分程度です。
そもそもスクワットダイエットは、カロリー消費が目的ではなく、基礎代謝を上げて脂肪燃焼しやすい身体作りが目的です。
ダイエットをお急ぎならば、有酸素運動をプラスしましょう。

言うまでもなく、有酸素運動だけを行うよりも早く効果を得られる身体になっているはずです。
有酸素運動をする時間がないという方も、エレベーターではなく階段を選んだり、日々の生活の中でカロリー消費量を増やせる場面を探してみてください。

正しいスクワットのやり方を覚えて基礎代謝をアップしよう!

スクワットがいかに効果的なダイエット法かお気づき頂けましたか?20040303_001
太ももだけでなく、腹筋や背筋も、体幹まで同時に鍛えられ、しかも道具も広いスペースも必要ないなんて最高のダイエット法ですよね。
筋肉がつき、姿勢が良くなることで、体重の変化以上に見た目の美しさに磨きがかかります。
それに有酸素運動を加えるとなると、より一層の期待が膨らみますよね。
この夏こそ、スクワットダイエットで健康的な美しさを手に入れてください!

あの有名な『たかの友梨』は二人三脚で確実にダイエットできる!