朝の時間を有効活用!たった5分体操するだけでダイエット効果がある!

朝の時間を有効活用!たった5分体操するだけでダイエット効果がある!

朝の目覚めは良いですか?

622-24
毎朝スッキリ起きられていますか。
なかなか布団から出られないという経験はありませんか。
冬だと暖かい布団から出られないということも良くあるでしょう。
しかし、ダイエットをしたいと思っている人は、朝の少しの時間だけでも運動をするのが良いのです。
だからといっても朝からジョギングやウォーキングをするのは嫌という人も多いでしょう。

そんな激しい運動をしなくても大丈夫です。朝のたった5分間だけ体操をしましょう。
たった5分でも代謝が上がりダイエット効果を期待できます。

朝、たった5分で体操するだけでダイエット効果がある!

起き抜けの時間帯は、交感神経が活発なので通常の時間帯に比べて運動の消費エネルギーが高いと言われています。
これを利用したのが、「朝5分エクササイズダイエット」です。
朝起きてすぐに、軽いストレッチや体操をするだけで、新陳代謝が上がり、老廃物の排出を助ける効果により、お肌がツヤツヤになります。

また、朝一で少し身体を動かすだけで、その後の生活では生き生き動けると感じられます。
これは非常に不思議なのですが、どうやら体操をすると、体内に酸素が沢山とりこまれ、脳の活性化に繋がるとの事。
雨の日や、暖かい春先、疲労が溜まっている時は「動きたくないなぁ」などと感じてしまいがちです。そんな時に試してみるのはいかがでしょうか。

注意点として、寝起きは軽めな脱水状態にありますので、リンパの流れを促進する為にもコップ一杯の水分をとってからにしましょう。

自宅で簡単にできる体操3つ紹介

622-25

ラジオ体操

一番お手軽で馴染みのある体操と言えばラジオ体操。小学生の時の夏休み、みんなが近所で集まった思い出が懐かしいものです。

さて、ラジオ体操は大体、第1.2が主流であり、各それぞれ13種類のエクササイズで成り立っています。
「腕の上げ伸ばし」「腕まわし」「胸そらし」「ねじり」「ジャンプ」など、第1.2を一通りやると、有酸素運動とストレッチが出来、約6分で30キロカロリーの消費になります。軽いウォーキング程度の運動です。

ラジオ体操で普段あまり動かさない全身の筋肉を動かす事で、肩こり解消、腰痛・膝痛の改善や、新陳代謝を促進するのでアンチエイジング効果が期待でき、低体温や低血圧の人にも改善が見られます。

また、屋外で朝日を浴びながらやるのが効果的。体内に日光を浴びながら、酸素をたくさん取り入れる事で、セロトニンが放出され、鬱など精神疾患にも良い作用があります。
実はラジオ体操は第3まである事をご存知でしょうか?1.2に比べてハードなために普及しなかった「幻の3番」とも言われています。
この3番が最近は注目されており、会社や学校に取り入れられています。
第1.2に飽きてきたら、チャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。

ゴキブリ体操

ゴキブリ体操!?とビックリされる方が大半ですが、体操の格好を見れば納得してしまいます。

ゴキブリ体操のやり方

1. 仰向けに寝ます
2. 両手両足を高く上に上げます
3. 手は阿波踊りのように回し、足はペダルを漕ぐように動かします。

以上を三分間、起き抜けと寝る前にやるだけです。

何故、こんな事で効果があるのかと言いますと、まず心臓より高い位置に四肢をやる事で血流を改善します。日常生活で四肢が心臓より高くなる事はあまりありませんので、ここがポイント。
そしてワタワタと動かす事で、骨盤周りの筋肉を鍛えながら、ゆがんだり開いたりした骨盤を矯正できます。
血流と共にリンパのめぐりも良くなるので、むくみ解消・デトックスに繋がり、また全身をくまなく動かす事で、余分な力を抜く事が安眠効果を呼ぶという、とても優れた体操なのです。

ゴキブリ体操は単調ですが、3分間は、やってみると意外としんどいので、慣れるまでは時間は短くても良いでしょう。
このゴキブリ体操、実はボイストレーニング教室で取り入れている所もある程、全身をリラックスさせる効果には定評があります。

ゲッタマン体操

ゲッタマンとは、下駄でマラソンに出場した人物で、れっきとしたアスリート。身体の仕組みを知り尽くした上で考案された体操がゲッタマン体操です。
部類としては、肩甲骨ダイエットになりますが、ドローインを絡めるなど様々に進化しています。
ここではスタンダードな体操をご紹介。

ゲッタマン体操のやり方

ゲッタマン体操①
1. 肩甲骨を真ん中に寄せる事を意識しながら、腕を頭上に上げる
2. 手のひらを外側にむけ、息を吐きながらゆっくり腕を横におろす
3. 息を吸いながら元の場所に戻す
ゲッタマン体操②
1. 手のひらを水平にして前へ出す
2. 肘と腕を水平に保つようにし、息を吐きながら前後に動かす事を繰り返す
3. 息を吸いながら元の場所へ戻す

ゲッタマン体操は何種類もあり、本も出ているので本格的に挑戦したい場合は、読んでみるのも良いかもしれません。
ゲッタマン体操もとい、肩甲骨を使ったダイエットは、背中の「褐色脂肪細胞」と言う、身体のヒーター的役割をする細胞の、活性化をはかったダイエット法。
肩甲骨を動かすと、次第に身体がポカポカしてきますが、それがまさに代謝が上がっている状態です。
代謝が上がれば脂肪燃焼効果はもちろん、意識した呼吸を取り入れるため、身体に酸素が行き渡り、血流やリンパの流れも促進されるので、むくみやセルライトに効果的。
また、肩甲骨を動かす事で、自然に肩こり解消・予防にもなります。

少し早く起きて朝の時間を有効活用しよう!

このように、朝のたった数分だけ体操をすることでダイエット効果があります。
もちろんダイエット以外にも便秘解消効果や脳の活性化などがあるので、朝少し早く起きて数分体操をすることをおすすめします。

また朝から少し動くことで、気分もよくなりますし今日も一日頑張ろうと身体に気合を入れることができます。
体操以外にもストレッチやヨガなど基礎代謝があがるものは他にもあるので、自分には何があっているのか、毎日続けられるものは何かを考え、明日から毎日朝少し早く起きて体操を始めましょう。